そこどけ、そこどけ、御牛が通る!

coen.mg/ 11月 30, 2017/ 風景/ 0 comments

マダガスカルでは牛が大切にされています。食用や労働力として活用されるだけではなく、財産や富の象徴としての存在でもあります。マダガスカルには「ダハロ」(牛泥棒)という言葉があり、いまでも牛泥棒の犯罪が頻発しています。

マダガスカルの郊外では、牛飼いに追われながら歩いている牛の姿をよく目にします。数頭の時もあるし、何十頭という大群の時もあります。車から見る分には特に感じないのですが、歩いているときに遭遇すると、かなり恐怖を感じます。体はでかいし大きなツノが生えてるし。

先日、村を歩いていたら前から牛の大群が迫ってきました。ぐんぐん近づいてくるので、慌ててよけたんですが、僕の横を通り過ぎた後に群の一部が道をそれて日干しのクローブの上をのしのしと。それを牛飼いが慌てて鞭で叩いて道に戻そうとするけど、ウシは意に介さず。クローブを日干しにしている村の人も起こる様子もなく。。。のんびりしています。

こんなのが迫って来たら本当に恐ろしいです。

僕の横を通り過ぎて、、、

日干しのクローブの上を堂々と闊歩

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください