肝心なのは土

coen.mg/ 12月 28, 2017/ 農園の今/ 0 comments

良い作物を作るための肝は土作り。これに異論を唱える人は少ないと思います(最近では水耕栽培も増えているので反論する人は増えているかもしれませんが)。協同組合に限らず、他のバニラ農園でも土の大切さの話はよく聞きます。基本的に肥料を使わないマダガスカルのバニラ栽培では、どうやって肥えた土を作るのでしょうか? その答えの一つが下草です。バニラ栽培との相性が良い草が存在するのです。協同組合では、農園にはその草を生やすように推奨しているそうです。

この草が茂っているところでは立派なバニラが育つそうです。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください