アグロフォレストリー通信#6 ボルネオのアグロフォレストリー 後編

Kurumiru/ 6月 28, 2023/ アグロフォレストリー通信/ 0 comments

前回はボルネオ島の熱帯雨林の現状を紹介しました。

今回はCo・En Corporation 武田が、実際に見てきた現地のレポートです。多くの問題をはらむアブラヤシの大規模なプランテーション。それに取って代わるかたちで、農家の収入源になりつつ、森を守ることができる方法としてアグロフォレストリーがあります。

ボルネオ島には日本にはない、様々な種類の木が生えています。その中で私たちが注目したテンカワンという大木。その木の実、イリッペナッツからはカカオバターのような、融点が高いイリッペバターが取れ、化粧品や食品に利用できます。私たちはその木の実に、このボルネオのアグロフォレストリーを守ることができる希望を見出せるのではないかと思い、ボルネオ島に向かいました。

持続可能なパームオイルを使用し、緑の回路などボルネオの環境保全に対する活動をされている、SARAYAの中西さんにご一緒させていただきました。

道中のアブラヤシの農園。このような景色が永遠に続いています

コタキナバルから飛行機と車を乗り継いで約3日、一面のアブラヤシ農園の奥に、ひっそりとその村はありました。人口300人程の小さな村です。

今回お世話になったナヤウさん一家。あたたかくて素敵なご家族でした。ご一緒させていただいたSARAYAの中西さんと。

早速アグロフォレストリーを見せていただきました。すると、どうでしょう。木々が多種多様に生い茂る様子はまさに森のよう。その美しさに感動しました。2世代前、おじいさんが創ったアグロフォレストリーを代々引き継いでいるとのこと。約60年という年月を経て伸び伸びと高く育った木々たちに感動です。

農園の入り口。すでに木々や草木が生い茂っています。

農園にはマンゴーやパイナップル、ドリアンといった私たちにも馴染みのあるフルーツから、キャッサバ、ゴムの木、コーヒー、固有の果物や木の実、山菜などたくさんの作物が茂っていました。魚の養殖場もありました。

今回農園を見せてくれたナヤウさん。一つひとつ丁寧に説明してくれました。