中学校をマダガスカルジャック

Kurumiru/ 2月 6, 2023/ イベント/ 0 comments

今回お邪魔したのはとある中学校の3年生。

まずは午前中に、5クラスある3年生の各教室で、1時間ずつマダガスカルとアグロフォレストリーを紹介しました。そして、お昼を挟んだ5時間目に、すべての教室とマダガスカルとをオンラインで繋いでバーチャルツアーを行うというなんともマダガスカル尽くしな1日!

午前中のクラスごとの時間では、飛行機やトラックの窓から見た現地の映像を交えながら、マダガスカルを一緒に巡るかたちでマダガスカルの様子を紹介しました。

 

道端に露店や高床式の建物が並んでいたり、道路の地面や屋根の上に洗濯物が干されていたり、日本とは違う街の様子に驚きの声も。

事前に調べ学習もしていてくれていたようで、遠い国マダガスカルに皆さん興味津々でした。

首都のアンタナナリブから東海岸に移動して、いよいよバニラの農園に到着。

農園では、現地パートナーのアドルフがアグロフォレストリーについて説明する動画を見ました。

アグロフォレストリーの中で育つ植物などを見ていくクイズでは、バナナやパイナップルなどの普段目にする食べ物がこんな風に育っているんだということに驚き。

コーヒーや胡椒など、馴染みのある食材が実る様子を初めてみるという人もいました。

 

授業の後半ではグループワークを行い、「マダガスカルで頑張る人たちを応援するために、Co・En Corporation はもっとこうしたらいい!!」というアイディアを募りました。

ここで驚いたのは、生徒の皆さんの思考力とグループディスカッション力でした。

グループごとにさまざまな角度から素敵なアイディアがたくさん挙がりました!

「マダガスカル!」のネタで有名な芸人のゴージャスと友達になるといったユニークなアイディアから、クラウドファンディングなど本格的なものまで。

いいアイディアは即採用! と生徒の皆さんと約束したので、その約束を守る意思表示のためにもここでいくつか紹介したいと思います。

・マダガスカルに土地を買って植林をする

・クラウドファンデイングをする

クラウドファンディングのワードが意外にも多かったです。

植林。採用です! 将来的にマダガスカルに土地を買って、自分たちでアグロオフォレストリーをつくりたいと思っています。

・商品化の幅を広げる

・他の会社との共同開発

こちらとてもいいアイディアですよね。今、Co・En Corporation では色々な方とコラボして、新しい商品作りに取り組んでいます。近く2月中にはお披露目できるかも!? ぜひお楽しみに!

協力してくれる人を増やす

これも採用です! まだまだ小さい会社なので、Co・En Corporation を応援してくれる人、ファンを増やしていけたらいいなと思っています。

・他の国にも進出する

これも少しずつ動き出しています。アグロフォレストリーはマダガスカルだけでなく主に熱帯の、世界中に存在します。マダガスカルの次はどの国になるのか・・・!?

・マダガスカル体験ツアーをする

これも複数のグループから出ました。採用です! マダガスカルには行かないとわからない魅力がたくさんあります。それを皆さんに少しでも味わってもらえるように、ツアーができたら楽しそうですよね!

・講演会

Co・En Corporation の活動は、バニラを販売するだけではなくて、その背景にあるストーリーを知ってもらうことが大事だと考えています。これからも様々なところで伝えていきたいと思っています。

・バニラ以外のものも売る

アグロフォレストリーにはバニラ以外にもクローブや胡椒などの香辛料や多種多様なフルーツが育っています。昨年は、マダガスカルのアグロフォレストリーで育ったバニラと5種類の香辛料を詰め込んだスパイスシロップmitosayaさんと共同で作りました。バニラだけでなく、段々とそういった商品も扱っていきたいです。

・農園の作り方を知らない人に教える

これはアグロフォレストリーを広げるにはどうしたら良いのかという視点だと思います。現地では、アグロフォレストリーのやり方をどうやって教えるのか、一緒にアグロフォレストリーを広げる仲間たちを増やすためにどうしたらいいのかが課題になっています。

・SNS(Instagram、Twitter、TikTok、YouTube)を上手く使う

一番多くのグループから出た意見がこれでした。やはり今の時代SNSが強いのだなと実感しました。採用です! 私たちもYouTubeを本格的に始める予定ですので、ぜひチャンネル登録お願いします!

などなど・・・その他にもたくさんのアイディアが挙がりました!

マダガスカルや私たちの事業の説明をしたのは40分間。その後の5分という限られた時間でこれだけたくさんのアイディアが出てきたことに驚きでしたし、とても嬉しかったです。

考えてくれたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。