フランス菓子goutに行ってきました!

kurumiru/ 8月 8, 2022/ バニラを楽しむ/ 0 comments

栃木県宇都宮市にあるフランス菓子gout(グゥ)におじゃましてきました!

優しい笑顔が印象的な、オーナーパティシエの伊藤恵悟さん。

伊藤さんのお菓子は、材料にこだわり、手間を惜しまず一つ一つ丁寧に作られていて、伊藤さんの人柄の良さと優しさがお菓子にも溢れていました。

そんな、繊細で丁寧なgoutのスイーツたちをご紹介します!

じゃん!!

なんとも、贅沢な光景!!

こちらのスイーツすべてに、アグロフォレストリバニラが使用されています!

まずは左から、

クレーム マングー

バニラでソテーしたパイナップルとの上に、ココナッツの香りをつけたマンゴーのクリームを重ね、その上にライムの香りをつけたパッションフルーツのソースが乗せてあります。主役のマンゴーは、栃木県那珂川町のなかよしマンゴー。マンゴーの食感と味をそのまま味わっていただきたいとの思いから、調理せずにフレッシュのままごろごろと乗せられています。

上にはフェンネルの花をトッピング。

フレッシュマンゴーはもちろん、バニラでソテーしたパイナップルがこれまた絶品。マンゴーの香りにパイナップル、ココナッツ、ライム、パッションフルーるの香りが重層的にあふれる、夏らしい爽やかなスイーツでした!

 

ミゼラブル

バニラたっぷりの軽いバタークリームとアーモンドの生地を重ね、真ん中にクリームブリュレが挟んであります。クリームブリュレには卵の臭みを取るためにバニラが使用されています。

クリームブリュレの鮮やかな黄色は、栃木のブランド高級卵「御養卵」の濃い黄身の色味が出ているのだそう。伊藤さんの素材一つひとつへのこだわりが感じられます。

サバラン

ラム酒とバニラのシロップにつけたブリオッシュ。

口の中に広がるラム酒の芳醇な香りに思わず、おぉ…!と声が漏れてしまいました。

バニラの香りを煮出した砂糖にラム酒を追加。そこに一晩生地を浸します。

ラム酒でひたひたになった生地と、中のカスタードクリームがマッチして、とても高級感のある味わいでした。

シューパリジャン

バニラの香りがする代表的なお菓子、シュークリーム。

バニラビーンズを贅沢に使用したカスタードクリームが中にたっぷりと詰め込まれています。

このカスタードには秘密のこだわりが。バニラの香りを最大限に活かすため、まず、バニラビーンズを牛乳に一晩つけます。そして次の日に、沸騰直前まで温めて、30分おいて、そこからまた炊き出して、カスタードにしています。バニラの香りを最大限に活かすため、手間ひまを惜しまず作られているところに、伊藤さんのこだわりを感じます。

エキゾチック

ほんのり塩気のあるキャラメルと口溶けの良いビスキュイショコラをつめたタルトに、バニラ、バナナ、パッションフルーツ、なかよしマンゴーをトッピングした一品。

口の中に広がるトロピカルな夏の香り!

栃木県産のなかよしマンゴーに加え、パッションフルーツも栃木のものを使用。

栃木愛が詰まった、爽やかかつ、しっかり食べごたえのあるタルトです。

一口食べて笑顔になること間違いなし!

シェフのおすすめなだけあって、南国のトロピカルな味のインパクトと、キャラメルとチョコレートの甘さのバランスが絶妙で常夏の美味しさでした。

桃のタルト

旬の桃とマスカルポーネのクリームのタルト。

土台となるタルトには、クレームダマンドでなく桃のブランマンジェを使用。

メインの桃の部分には、繊細な桃の香りを生かすため、また形を整えるために桃のジュレでコーティングしています。

トップのクリームには、生クリームではなく桃との相性がいいマスカルポーネを使用。ここにバニラで香り付けしています。マスカルポーネのクリームの上には、レモンバーベナというレモンに似た香りを持つハーブで爽やかさをトッピング。

桃の香りが口いっぱいに広がって、濃厚なクリームとの相性も抜群でした。

どのスイーツも、こだわって丁寧に作り上げられていて、甘さもしつこくなく、じっくりと味わいつつも、ぺろっと食べてしまいました。幸せいっぱいです。

栃木に行った際は、ぜひお立ち寄りください!

◆店舗名    フランス菓子 グゥ

◆所在地 栃木県宇都宮市末広2-13-2

◆SNS        Instagram

こだわりのバニラはこんな場所でつくられています。

アグロフォレストリバニラを使った商品も紹介しています。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください