魚ピカタをバニマヨとバニ味噌で

coen.mg/ 5月 17, 2020/ バニラを楽しむ, レシピ/ 0 comments

桑名さんと原田さんによるバニラレシピの第3弾は、魚のピカタをバニラマヨネーズソースとバニラ味噌ソースで楽しむ料理です。さっぱりとした白身魚にほんのりバニラがとても合うのだそうです。

ソースを作るにあたって、一旦オイルにバニラの香りを移す方法をご紹介いただいています。こうやると、いろいろな料理でバニラの香りを楽しめそうですね!!

今回は魚のピカタとの組み合わせでしたが、バニマヨ、バニ味噌ディップは、野菜スティックにもぴったりなんじゃないかと思います。どんな素材がバニラの香りに合うのか、ワイワイいいながら食べ比べるのも面白いかもしれません。

材料(2人分)

魚のピカタ

  • 魚(ブリ、たら)…切り身各1切れ
  • 塩…適量
  • 小麦粉(衣用)…適量
  • 卵(衣用)…1個

バニラマヨソース

  • サラダ油(バニラ オイル用)…大さじ2
  • マヨネーズ…大さじ2
  • 酢…小さじ1
  • バニラビーンズ…適量
  • バニラオイル…大さじ1

バニラ味噌ソース

  • 味噌…大さじ1
  • おろしたニンニク…2分の1かけ
  • バニラビーンズ…適量
  • バニラオイル…大さじ1

作り方

魚のピカタ

  1. 食べやすい大きさにそぎ切りをして、塩をまぶして10分ほど置く。
  2. 魚から出てきた水分をキッチンペーパーで拭き、小麦粉、溶いた卵の順に衣をつけて、フラオパンを中火にかけ、表裏各5分ずつほど焼く(焼き時間は切った魚の厚みにより異なるため、火が通るまで焼いてください)。

バニラマヨソース

  1. バニラビーンズに切り目を入れて、シーズを取り出したバニラの鞘をオイルへつけて、バニラ オイルを作る(1時間ほど)。
  2. マヨネーズ、お酢、バニラシーズ、バニラオイルを混ぜ合わせる。

バニラ味噌ソース

  1. 味噌、ニンニク、バニラオイル(上記バニラマヨソースの1で作ったバニラオイル)を混ぜ合わせる。

美味しく楽しむヒント

  • 味噌のソースは、ニンニクを入れすぎるとバニラの風味が消されてしまうので、控えめにした方が良いと思います。また、同様の理由でバニラマヨソースの方も、お酢を入れすぎない方が良いと思います。
  • しっかりとバニラの風味を利かせたいのであれば、オイルにバニラをつけておく時間を伸ばすと良いです。今回は1時間程度でしたが、前日につけておくとよりしっかりと風味がつくのではないかと推察します。
  • ディップソースの分量は目安です。お好みに合わせて調整してください。
piccata03

桑名さんと原田さんのその他のレシピ:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください